樹のせいさく日記

次回コミティア118の参加は見送ります。
何故か11月の文学フリマには参加予定。
8/21のコミティア117に参加します

相変わらずの直前の更新ですが、明日のコミティア117に参加いたします。

 

スペース:ね13b

サークル名:レトロピリカ+nekoism

 

新刊も用意できました。

「中国激安レーザー加工機を個人輸入する話《前編》」です。

 

詐欺にあいつつも、中国から激安レーザー加工機を個人輸入して、

アクリルやゴム、木材を加工しつつ、いろいろ試行錯誤する内容です。

今回は前編として、基本的な加工を取り上げています。

 

あと今回のコミティアの部活動「紙&電子同時発行」企画の参加作品です。

当日はこちらから電子書籍が購入できるようになっています。

 

 

既刊もあります。

「Finland Travel」(第一弾)(写真中心の旅行本)

「Finland Travel II」(第二弾)(海外SIMとスイッチの紹介)

「Finland Switch+」(フィンランドのスイッチを如何に使うか本)

空きスペースがあれば「3Dスキャナ本(略)」もあるかも。

 

既刊の詳細は過去記事にて。

それでは当日、よろしくお願いいたします。

| 雑記 | 23:55 | comments(0) | -
5/5のコミティア116に参加します
スペースはP26bです。
フィンランドのスイッチ本をレビューしていただいてから、ようやく単独でのイベント参加です。

新刊用意できました。
「Finland switch+ フィンランドのスイッチはどうすれば使えるのか?」です。
今回の本は今までのフィンランド旅行記シリーズではなく、
前作(Finland Travel II)の「せっかくフィンランドで買ってきたスイッチとコンセントなのに、PSEマークがなかったから日本で使えなかった!!」というオチの続きにあたるスピンオフ的な本です。

本来ならば日本では使えないフィンランドのスイッチたちをどうすれば使うことが出来るかを考え、導き出されたひとつの物語です。
とは言え今回も有意義なオチはありません。

ちなみにスイッチ関係は一通り持っていきますので、会場でスイッチバチバチしていってください。
電気はつながっていないけど、スイッチとして本当に使えそうな試作品も持っていきます。

その他の販売物はフィンランド旅行記本(第一弾)とフィンランドスイッチ本(第2弾)は持っていきます。
詳細は過去記事にて。
あとはスペースの余裕次第。
スノードームも一応持っていくけど置ききれるかなぁ。
| 雑記 | 02:34 | comments(0) | -
発行誌紹介3
発行誌名:「Finland Switch+ フィンランドのスイッチはどうすれば使えるのか?」
発行:レトロピリカ
2016年5月発行
16P フルカラー本

今回の本は今までのフィンランド旅行記シリーズではなく、
前作(Finland Travel II)の「せっかくフィンランドで買ってきたスイッチとコンセントなのに、PSEマークがなかったから日本で使えなかった!!」(長い!)というオチに続く、スピンオフ的な本です。
(詳細はFinland Travel IIにて。ねとらぼ様で連載中の「司書メイドの同人誌レビューノート」にてレビューをいただきました)

本来ならば日本では使えないフィンランドのスイッチたちをどうすれば使うことが出来るかを考え、導き出されたひとつの物語です。
フィンランドで買ってきたスイッチと言えどもmade in chinaだったし、フィンランド要素は限りなく薄いですが、お楽しみいただけたら幸いです。

※この本に出てくる法令関係の内容とその解釈の正しさについては保証も確信もありません。ご興味のある方はこの内容を鵜呑みにはせず、きちんと調べることをお勧めします。


表紙


本文サンプル
  

以前このブログでも紹介をしたスイッチボードからはじまり、
USB用スイッチを経て、その先に向かっていきます。

まぁ、いつものように有意義なオチはありません。
| 雑記 | 20:15 | comments(0) | -
| 1/195Pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ju、樹、樹港(じゅこう・じゅこー)
共に同一人物
ライフスタイル:
 出来のいいフィギュアを見て、
 自分のガッカリさ加減に凹むこと



ABOUT
リンクフリー
つなぐも切るも捨てるもご自由に


 いわゆるweb拍手