樹のせいさく日記

コミティア120、ありがとうございました。
夏コミが始まる前に
ようやくと言うか、なんと言うか。
一応夏コミの告知を。と言っても展示ですが。

とりあえず整形まで辿り着けませんでしたが、一応組みあがりましたので。
ブルーム
しばらく前に作ったセブンスブルームの1/6バージョンです。
おなじみきっしーさんのところの新刊に合せてせっせと作っていたんですが、
完成にはまだまだ時間がかかりそうな状態。
プライヤーも全く手をつけていませんし。
調子乗ってメイド服に時間をかけすぎたもんなぁ。

という訳で、8月19日(日)東4ホール レ-15a 「Luv-Parade」にて、
スペースの一部をお借りして展示されていると思います。
入場してから届けに行くつもりですので、開場直後にはない予定。
なるべく早めに届に行くつもりですが、展示していなかった時は、
まだ届けに行けてないor届けるよりも先に大手サークルに並んでしまったか、
力及ばずだったという事でご勘弁を。
ちなみに私本人は一日中本を探して徘徊しているはずです。


それにしても明日にはコミケが始まってしまうんですよね。
まぁ、3日目のみの参加なのでまだ実感も何もありませんが。
えーっと、今はまだ並んでいる人はいない筈ですが、
参加されるみなさま、万全の準備で望んでください。くれぐれも無理はなさらぬように。
| 小蒔&ブルーム | 23:41 | comments(2) | -
ねおじむ
今回の秘密兵器は磁石です。
あぁ、ついに使う日がやってきたか。
用途が「ネコミミ固定用」じゃないのが、予想していた未来とは違うところでしたが。

それはさておき、なかなか強力な磁力を持っているネオジム磁石を入手したんですが、
使い勝手を優先して小さいもの(3mm径)を使ったら、意外と磁力が弱かった。
いや、正確には少し離れるととたんに弱くなってしまいました。
でも磁石同士が近ければ、このサイズでもかなり保持できそうです。
もう少しサイズの大きいものを準備しておくべきだったかなぁ。
それでも一番重要な一カ所がうまくいったので良しとします。
| 小蒔&ブルーム | 23:52 | comments(0) | -
延々と続くパーツの切り出し
そろそろ大詰め。
の予定なんですが、ちっともそんな雰囲気になっていないのはアレってやつです。

とりあえずもう目の前に迫ってきたコミケまでにある程度の形にまでもっていかなければ。
もはや完成は目指せませんが、でも最後まで諦めずにいたい。
ばら
結果はどうあれ、その気持ちは大事ですよね?(弱気だっ!)
| 小蒔&ブルーム | 23:55 | comments(0) | -
困った時には
そう、メイド服の時にも活躍したアイロンですよ。
つまりヒートプレスっぽいやつ。
アイロンでやわらかくしたプラ板を、対象にそのまま巻きつけると言うなんとも強引な手法。
アイロンであれば一部だけ熱することもできますし、
その平らなアイロン面の上で形を整える事もできそうです。
やけどしそうなほど熱いけど。

ちなみに厚さ1mmでも、1mm1枚を巻きつけるのではなく、0.5mmを2重にかつ互い違いに巻くことで強度も狙います。
そして隙間にはパテ。
パイプ
とまぁ、こんな具合。
しかしきれいに巻くのは難しい。
| 小蒔&ブルーム | 01:01 | comments(0) | -
求む! プラパイプ
エバーグリーンもよくよく調べてみると、棒とパイプの組み合わせにイマイチ選択肢がないんですよね。
仕方ないので、入手性とコストを考えて・・・普通にプラパイプ。
8mmのプラパイプの内径は5mmのはずだから・・・って!
内径広すぎでスカスカ!(計ったら5.4mmも)
前々からプラパイプの精度の微妙さは分っていたんですが、これほどまでとは。
これは別に探さないといけませんね。

せっかくだから厚み1mmで、外径7mm、内径5mmのプラパイプってないかなぁ。
いや、結局半分に切ってつなぐんで、それなら外径5mmの棒を2本並べた棒が入るパイプならなお良し。 
って、そんなのあるわけないよなぁ。
奥の手はパテで自作なんですが、強度の面でかなり心配。うーん。
| 小蒔&ブルーム | 19:48 | comments(0) | -
そろそろ始動
まぁ、大事なのは脇に置いといて。

そろそろではなく、いいかげん始めませんと。
と言う訳でとりあえず手を動かしてみる。

あー、やっぱり材料が足りない。
エバグリが近くで売っていたら、寸法的な選択肢が増えるんですが。
普通にプラ板とかプラパイプ使うしかなさそう。

とりあえず手持ち分で、かつ寸法の確定しているところから。
プラパイプ
| 小蒔&ブルーム | 23:48 | comments(0) | -
ギャザー地獄 再び
さて、ペティコートの続きです。

裾周りのフリルのつけ方は、袖口のフリルと同じような感じで。
結局フリルはあいだとって300cmちょい。(3枚継ぎ合わせて)
それにギャザーを寄せて115cm程に。
果てしなかった・・・。
ペティコートフリル
これをペティコート本体に縫い付ければ完成なんですが、
ワンピースの裾から同じぐらいフリルが見えている状態を保つのは結構難しいのではないか?
そもそもワンピースとペティコートを別にしてしまうと、お互いに裾が合わさらない。
そうすると、結局ワンピースとペティコートをくっつけてしまう方が確実かも。
と、そんな事を言い出したらそれこそ、
「ワンピースの裾周りにフリルを直接付ければいいじゃないか」と言われかねませんよね。
まぁ、ここまできてそんな事はしませんが。
つまり・・・、その・・・、「それが大事なんです!!」
| 小蒔&ブルーム | 23:03 | comments(0) | -
生地
先日、これの生地を探しに手芸店を見に行ったんですが、生地って色々な種類があって、
どれを使うか悩みました。
と言うより、それぞれどう違うのかが解らなさ過ぎ。
もっと事前に勉強が必要なようです。
デニムとかキャンバスとかなら分かるんですがー。

ちなみに今回のワンピースは100円ショップで入手した端布で、
どうやらギャバジンのストレッチが一番近かったかな。
エプロンは100円ショップに端布がなかったんで購入。
アウトレットで生地の名前がわかりませんでしたが、綿95%+化繊5%だったはず。
これも少しストレッチ素材でした。
結局、縫い糸にニット用の糸を使っているわけでもなく、ほんの少しストレッチする程度ですが。

ペティコート
そして本題。ペティコートを作り始めました。
あとは裾のフリルを付けるだけなんですが、
ただでさえ120cmもの裾周りがあるんで、ギャザーで2倍圧縮するとしたらそれだけで240cm。
袖口と同じ3倍圧縮したら360cm。
何枚継ぎ合わせなくてはいけないんだ?
| 小蒔&ブルーム | 23:53 | comments(0) | -
寄せすぎたギャザーの行方
寄せすぎたギャザーが服の厚みになって、そのままウエストの厚みになってしまった。
うーん、ウエストのくびれが・・・。
これでもはじめの寸法から1/4ほど切ったんですけどね。
そうか、エプロンよりも生地が厚い分、ギャザーを寄せてもそれほど詰まらないのか。

あ、首のリボン忘れてた。
普通に白のリボンを結べばいいかな?

そうか、ホワイトブリムも適当な幅のリボンで作ればいいのかも。
さっき作ってみたんですが、どうもしっくりこない。
ついでに細めの黒リボンも探してみよう。
| 小蒔&ブルーム | 23:52 | comments(0) | -
渾身の すごい フリル
とりあえずこんな具合。
エプロンはあの後、お約束どおりに失敗しつつもリカバリーしての完成。
ワンピースは一気に。完成まで。
ワンピース完成
袖口のフリルのサイズをミスして、ありえないぐらい密なフリルに。
・・・ミシン針が刺さらなかったんですが。

さて、あとはペティコートにホワイトブリムか。
せめてホワイトブリムは作らないといかんよなぁ。
レースはどうしよう。
ペティコートはどうしたものか。
そろそろ次の段階に入らないといけませんし。
| 小蒔&ブルーム | 20:38 | comments(0) | -
| 1/3Pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ju、樹、樹港(じゅこう・じゅこー)
共に同一人物
ライフスタイル:
 出来のいいフィギュアを見て、
 自分のガッカリさ加減に凹むこと



ABOUT
リンクフリー
つなぐも切るも捨てるもご自由に


 いわゆるweb拍手