樹のせいさく日記

コミティア120、ありがとうございました。
コミティア112告知(正式版)
いよいよ本日となりましたが、コミティア112に参加いたします。
改めて、正式な告知をしておきます。

イベント名:コミティア112(5月5日開催)
スペースNo:あ59a
サークル名:コトコトリ+ネコイズム

今回はコトコトリのもとやまさんとコラボでの参加です。
※もとやまさんご本人は当日不在です。

頒布物
コトコトリ(詳細
 ・mosmos(新刊)
 ・taitaikorn(2月初売り)
 ・衣装祭り(新刊)(白鳥さん著、もとやまさん挿絵)
 ・sandwitch(新刊)(白鳥さん著、もとやまさん挿絵)
 ・夏の日(2月初売り)(白鳥さん著、もとやまさん挿絵)

ネコイズム
 ・taitaikorn(水晶)(新作)
  コトコトリさんの同タイトルの本に登場した水晶です。
  (もちろん本物の水晶ではありません。似せて作ったものです。)

レトロピリカ(詳細
 ・Finland Travel(既刊)
  フィンランド旅行記本。写真メイン。フルカラー本。
 ・Finland Travel II(既刊)
  文字メイン。フィンランドのスイッチの話。フルカラー本


と、全体的な告知はここまで。

ネコイズムでの頒布物の水晶はこんな感じです。

設定に関して。
もとやまさんの本を見て頂くのが一番ですが・・・(ちなみにファンタジーです)
簡単に説明すると、空から落ちてきた水晶で幻灯機のように周りの情景を映し出す。
そんな感じのもの(不思議アイテム)です。

制作物として。
材質はレジンです。水晶を型に複製したものです。
中に水が充填してあり、ラメとかがスノードームのように舞います。
サイズは18mm×70mmぐらいの大きさです。

頒布物は上記水晶(レジン)と容器の試験管のセットです。
残念ながら試験管立てはディスプレイなので非売品です。

ディスプレイはもっと凝る予定でしたが、時間切れでした。

どうぞよろしくお願いいたします。
| taitaikorn | 02:09 | comments(0) | -
コミティア112用サンプル(予定)
もうすぐコミティアです。
もはや時間がありませんので、ひとまずサンプルを出しておきます。


透明物は撮影が難しい。

ご覧の通り、水晶をレジンで複製したものです。
ただし、中の封入物はレジンで固めてあるのではなく、
液体で封入しています。
写真ではとても分かりにくいですが、
一言で説明すると、水晶型のスノードームです。
スノードームのように中のラメとかが舞うんですよ。
若干ラメとかの配合が変わるかもしれませんが、概ねこのような感じです。

レジン部分はすでに複製が終わっているので、明日一日で組み立てです。
| taitaikorn | 23:50 | comments(0) | -
試験管(容器)のディスプレイ
水晶は試験管に入れる所まで決まりました。
でもいくら底が平らで自立するとは言え、
うっかり触れて倒れた挙句破損なんてことになったら目も当てられません。

そんな心配するなら初めからガラスを使うなと言われそうですが、
他に適したものが見当たらないので決行します。

試験管を倒れないようにディスプレイするものと言えば試験管立て。
何の変哲もない回答です。
このサイズの試験管に対応する試験管立てを探してはみたのですが・・・。
なるべく小さく、3,4本だけ立てられるものでいいのですが見つけられず。
あっても高ければ無理ですし。
アンティークとか手を出すとキリがありません。

まぁ、いつものように無ければ作るだけです。

2個あれば十分でしょう。
手前がナラで奥がブナです。
今回穴部分はフォスナービットを使いましたが、あの世界にそういう道具があるのか。
と、考えるのも面倒くさくなったのでそのまま使っています。
| taitaikorn | 22:51 | comments(0) | -
コミティア告知その1
kotkotriのもとやまさんが告知ページを用意してくれました。
http://blog.kotkotri.moo.jp/?eid=942029
昨日メールでこっそり書いておいたら、もう出来上がってくるとは。
さすがにここでいくら私が説明を書いてもわかりにくいですから助かります。
詳しくはリンクから見てくださいませ。
補足をつけると、ふんわりゆったりなファンタジーものです。
争いごともなく、生き急がないお話です。

告知中に凝りに凝ったディスプレイとか書かれてしまいましたが、
正直そこまでたどり着けません。
謙遜とかそういうレベルではなく、残り時間が厳しいというレベルです。
まずは水晶の完成が優先です。

あ、nekoismとしてはこの水晶が頒布物ですが、
kotkotriとしては新刊既刊と取り揃えてありますよ。
あとレトロピリカのフィンランド本も一応置いてあります。
| taitaikorn | 14:27 | comments(0) | -
容器が欲しい

今回の水晶(taitaikornのこと)ですが、
レジンである以上、わりと簡単に傷がついてしまいます。
あとディスプレイすることも考えると、剥き身ではなく何か容器に入れておきたいところ。
だとしたら「採取したもの」という設定にして、容器に入れればいいのでは。


培養用試験管という、底の平らの試験管です。
試験管という色気のない実用品です。
これだと単体で立てることが出来るのものメリットとしていいかなと。

ただし、これはガラスです。
振動の度にガラスと水晶(レジン)がぶつかり合うのは気持ちいいものではありません。
試験管の上部はコルク栓があるからいいとして、底面に何かクッション的なものが欲しい。
と言うわけで、シリコンを底に充填しています。

そして肝心の中身がまだできていません。

| taitaikorn | 23:45 | comments(0) | -
世界観と印字

そもそもの前提となる部分ですが、

今回はkotkotriさんの創作世界で生み出された物です。

従って私があの世界に存在しないものを勝手に展開しては世界観が壊れてしまいます。

 

ところであの世界の印刷(技術)は何があるのでしょうか?

って聞かれても。

 

少なくとも配布物にサークル名ぐらいは入れなければならなりませんし、

それをインクジェットプリンタやレーザープリンタで印字してもいいのだろうかと考えたりします。

たぶんあの世界にはありません。

かと言って一枚一枚手書きする訳にもいかないので、

あの世界にあっても違和感がないものを考えるしかありません。


「こんなこともあろうかと思って用意しておいたのだ!」

 

そんな訳でタイプライターです。

(印字サンプルは先日のコミティアの告知の時に登場済み)

これなら問題ないと許可が出たので使ってみます。

あ、もちろん一枚一枚手打ちしますよ。

| taitaikorn | 23:50 | comments(0) | -
原型水晶
コミティアまであまり時間もありませんし、ここから先は寄り道せずにいきます。

さて、今回作るものはファンタジーの世界のアイテムですが、
形状はこの世界でも一般に流通している水晶です。
パテで作るにしても形状のバランスがすごく難しそう(ただの六角柱ではない)ですし、
せっかくだからとミネラルフェアに行って調達してきました。

長さ70mm、太さ20mmぐらい。
勢い余っていくつも買ってきましたが、これが一番サイズとバランスがいいかなと。

いつもの通りですが、この水晶をシリコンで型を取って、レジンを流して複製。
今回の場合モチーフが水晶なので、いわゆるレジンアクセと言った方が近そうです。
大きさ的に身に着けるものではなく、飾っておくぐらいしか使い道はありませんが。
| taitaikorn | 23:04 | comments(0) | -
水晶の作り方
さて、今回のモチーフは水晶な訳ですから、その水晶を用意しなければなりません。
とことんこだわるんだったら、水晶を作るところから始めたいところですが、
素人が作るにはかなりハードルが高いです。

どうにかできないかと思っていたところ、見つけました。

と言っても水晶ではありません。
水晶のような結晶が作れるキットです。

写真では立派な結晶が作れそうですが、
どうも細かいものになりそうな感じです。
ちょっとこれでは難しいかな。
| taitaikorn | 00:47 | comments(0) | -
| 1/1Pages |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ju、樹、樹港(じゅこう・じゅこー)
共に同一人物
ライフスタイル:
 出来のいいフィギュアを見て、
 自分のガッカリさ加減に凹むこと



ABOUT
リンクフリー
つなぐも切るも捨てるもご自由に


 いわゆるweb拍手