樹のせいさく日記

5/5のCOMITIA124に参加します(Z34a)
<< 8週目:ホルガトイデジ 実写報告 | main | あけました >>
PICK
おそらく今年最後の更新。
まぁ、そのまま怒涛の年末になだれ込む訳ですが。

さて、今日の獲物は「PICK」というトイデジ。
なんかTVで紹介されたとかで、急に品薄になっているようです。(そろそろ落ち着いた?)
製品スペックに関してはどこかのサイトを見ていただくとして。(えー)
ちなみに発売当初に調べていたら、
どこのショッピングサイトにも背面の画像が載っていなかったのはどうでもいい話。
まさか液晶すら無かったとは。

でまぁ、早速分解。
基盤裏
まずは裏側から外す。
外装内側についている丸いのはなんと磁石。
このカメラはホワイトボードとかにメモを留められます。
基盤中央にはバッテリー。両面テープで基盤に付けてあります。
基盤右下には動画用のマイクがありますね。

さらに分解。
基盤表
※撮影の流れ的に、基盤の向きは天地逆になってしまいました。
中央には画像素子とレンズ。
画像素子は思いのほか小さいと思いましたが、比較対象がアレなのでよくわかりません。
レンズは例のごとくねじ込み式みたいですが、しっかり接着されているようです。
その左にはMicroSDカードスロット。
と、ここで奇妙なものを発見。カードスロットの脇に隠しボタンが。
何のためのボタンか、そもそも何かしらの動作をするのかどうかも不明。
あとで適当なMicroSDを用意してテストしてみるか。

で、肝心の画質ですが、カタログスペック上では200万画素なものの、
実際の撮影解像度は1280×1024のおよそ130万画素。
数枚撮影しただけですが、同じ撮影解像度のVQと比べてしまうと、
ノイズ、解像感共にイマイチな感じ。
実画質は30万画素のミニデジ(例のホルガに埋め込んだやつ)に近い感じかなぁ。
ゆるいと言われれば相当にゆるい絵が撮れそうです。
まぁ、この辺の評価は人それぞれの主観によるので判断はお任せします。
リサイズすれば荒さは目立たなくなりますし、
はっきりくっきり写るのが全てではありませんからね。
ちなみに動画(解像度は720×480)の画質は、静止画と比べるとそんなに悪くない印象。

(カタログ上の)画素数やレンズの位置や小ささ、
あとUSBマスストレージなんでMacでも対応できるなど、
かなり魅力的なユニットなんですよね。
まぁ、もう少し撮影枚数を重ねて精進してみます。
| カメラ | 23:48 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ju、樹、樹港(じゅこう・じゅこー)
共に同一人物
ライフスタイル:
 出来のいいフィギュアを見て、
 自分のガッカリさ加減に凹むこと



ABOUT
リンクフリー
つなぐも切るも捨てるもご自由に


 いわゆるweb拍手