樹のせいさく日記

5/5のCOMITIA124に参加します(Z34a)
<< ボディ交換式レンズ型LEDライト | main | ミニカメラの分解 >>
RJ-CA232

いつまでたっても他が先に進みません。
えぇ、ネタは鮮度が命ですから、ついつい寄り道ばかりしてしまうのです。

先日秋葉原で見つけたこんなアイテム。
ミニカメラ
えらく小さいデジタルカメラです。(動画も可)
このサイズでもデジタルカメラなのですよ。
(デザインはeos1系とかその辺な感じのごっついデジイチですね)

まぁ、この辺のカメラは、例えカメラの形をしていたとしても、
そんなに取り上げられないカメラでしょうね。
どちらかと言えば動画主体で、静止画も撮れるものの、
画質は結構残念なパターンをよく聞くので。
(そういえば今まで手を出さなかったなぁ)
今回はあまりにも驚異的なサイズなので、思わず手を出してしまいました。

早速分解。
の前に、基本的なところを確認。
なにせ分解すると保証は効かなくなりますからね。

とりあえずスペックを抜粋。
・イメージセンサ 130万画素
・静止画解像度   1600 X 1200 ピクセル
このスペック、PICKの逆パターンですね。
PICKは画素(センサ)200万画素の静止画解像度130万画素でしたから。
このスペックを見る限り、30万画素のトイデジよりかはましかなと思いつつ。
で、適当に外を実写してみると、なんか妙にシャギーが目立つ。
もしやと思い、撮影画像から60×45ピクセルを抜き出し、
拡大した上にマス目をわかりやすくして確認。
拡大
(800%に拡大した上で1ピクセルごとにラインで分けてあります)
(でもわかりにくいのは勘弁な)
明らかにブロックパターンが確認できます。
これが8×8ピクセルのブロックだったら、JPEGの圧縮によるものなのですが、
どうもそうではないみたい。
よく見ると3ピクセルと2ピクセルのブロックがきっちりと交互に並んでいるように見える。
つまり、5ピクセルあたりにつき2ピクセル相当しか画像情報がないようなもの。
であるならば、1600×1200の各辺をそれぞれ2/5にすると640×480。
って、まんま30万画素相当じゃないか。
(それを拡大したのが、撮影された画像って訳なんでしょうね)
(これがすべて4×4だったら補完処理絡みとかになりそうですが、関係ないよなぁ)
(センサー自体は130万画素を使っても、実際はその中の30万画素を使って引き伸ばし?)

どうであれ、ここまであからさまな結果を見てしまうとなぁ。

ちなみに動画のスペックは
・動画解像度   640 X 480 ピクセル
なので、上記の「静止画30万画素相当?」を当てはめると、
ほぼ実解像度での撮影と見えますね。
実際見てもブロック感はありませんでしたし。

とまぁ、画質の面ではそんな感じのカメラでした。

| カメラ | 23:13 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ju、樹、樹港(じゅこう・じゅこー)
共に同一人物
ライフスタイル:
 出来のいいフィギュアを見て、
 自分のガッカリさ加減に凹むこと



ABOUT
リンクフリー
つなぐも切るも捨てるもご自由に


 いわゆるweb拍手