樹のせいさく日記

コミティア120、ありがとうございました。
<< RJ-CA232 | main | ちょビッカムと比較(目視) >>
ミニカメラの分解
画質に関してはアレでしたが、
もうちょい(隙間に平べったいものを)突っ込んで(分解して)みます。

まずは大きさ。
カメラ比較
比較対象にはk-xミニチュア。
あれよりも小さなボディに詰め込むとは驚き。

次は各部位の確認。

不自然なほど太いレンズ。
それ以上に不自然なレンズ前のふくらみ。
この部分に何か部品が入っているからふくらんでいるのか?
レンズ
と、思いきやレンズ前部のリングが外れます。
しかし、この太さは意味不明なままです。

さて、さっさと分解。

思ったとおり、裏面にバッテリー、表面には基盤。
チップはかなりみっしり。
ところどころハンダ付けが怪しい部分もありそうですが、動くのでいいでしょう。

次は慎重に基盤を引き抜いて、レンズユニットとご対面。

あれ?
てっきり基盤にセンサが直付けかと思いきや、フレキで分離してる。
しかもレンズユニットが長いなぁと思っていたら、
ただのスペーサー(およそ7.5mm)をかましてあるだけだったとは。
これならレンズ(外装)をもっと短くしてパンケーキレンズにしてもよかったのに。
(ごっついデジイチっぽいテイストから離れるけど)

気を取り直して、レンズユニットを外した基盤の表面。

何気にUSB端子が金メッキ。
カードスロット、マイクとリセットボタンがありますね。

次は裏面。

まぁ、こんなところですね。

それにしてもこの構造。薄さ
レンズユニットと基盤とバッテリーを横に並べれば厚さ6mmに収まるのは脅威。
フレキでは取り回しに制限があるものの、
かなりいろいろなカメラに埋め込むことができそう。
110カメラにも余裕ですよ。
ディスクカメラでもいけるでしょうね。
まぁ、画質はアレですけど。


おまけ
ふと思いついて、PICKと比較。
PICKと
どうやら、CMOSユニットとの接続コネクタがまったく同じです。
はまります。
ただし、電気的に同じなわけではないでしょうね。
さすがに怖くて通電できませんよ。人柱は勘弁です。

ちなみにPICKの謎のボタンはリセットボタンなのかもしれない。
確認しようもないですが。
| カメラ | 22:42 | comments(2) | -
コメント
とても参考になりました。
ありがとうございます。
| furuyoshikun | 2011/11/15 5:53 AM |
こんな記事でも参考になったのであれば何よりです。
あれから同じようなカメラがいくつか出ましたが、
やはり傾向は同じような感じなので画質はイマイチですね。
そもそも動画カメラに、無理やりトイカメと言う商品価値をくっつけているようなものですので。
その辺割り切ればすごく魅力的なユニットなんですが。
| ju | 2011/11/15 5:50 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ju、樹、樹港(じゅこう・じゅこー)
共に同一人物
ライフスタイル:
 出来のいいフィギュアを見て、
 自分のガッカリさ加減に凹むこと



ABOUT
リンクフリー
つなぐも切るも捨てるもご自由に


 いわゆるweb拍手