樹のせいさく日記

5/5のCOMITIA124に参加します(Z34a)
<< 一番いい(小さい)のを頼む | main | レンズ交換式ストラップ >>
ipod+キーボード
最近電車とかでちょっとしたメモ打ちしなくなったなぁと思う今日この頃。
ザウルス使っていた頃は気軽に打ち込めていたんですよね。

ipodtouchを使うにしても、どうにも入力が。
フリックしてもソフトウェアキーボードにしても、
英数字混在の文章を打つのはどうにも大変。
F-04Bにしても、フルキーボード自体は便利なものの、
よほどの長文でないとベル打ちには及ばない。
PAは・・・アレはアレで、使うときに限って充電していないとか。
出先でのちょっとしたメモや、ブログの下書きに使いたいんですよね。
こうなったらもう一度ザウルスを引っ張り出してきたいほどですよ。

そんな訳で、bluetoothキーボード。

店頭でいろいろ見てきたうちで一番魅力的に感じたのが、
iphone4のカバーと一体になったスライドキーボード。
でもこれ、当然のようにiphone4専用。
touchとのサイズの差は分かりませんが、切った貼ったで何とかなるかなと、
割と深く考えずに購入。


iphone4のボディとぴったり合うであろう取り付け部。
スライドさせるとこんな感じにキーが出てきます。

そしておもむろにipodtouchをはめ込む。
えいや!

おぉ、想像以上にあっけなくはまった。
しかもホールド感はかなりのもの。
少し落とした程度では外れないんじゃないかって思える。

ただし、ipod的の上下に若干の隙間がありますね。

約4mm程度の隙間はありますね。
ただしホールド力があるので、ガタガタするほどではありません。


カメラ部は、ipod本体上部に寄せればほぼぴったし。
もちろん、けられることもありません。


ボタン用の切りかけは合いませんが、隙間から何とかボタンが押せるレベル。
音量はまだしも電源はちょっと押しにくい。
この辺は何かスペーサーでも作るか。
あとtouchの方が薄い分、カバーがはみ出しています。
この辺は1mm程度カバー側を削るか、液晶面の保護としてそのまま残しておくか。

なんにしても、これで充実のメモ打ち生活が送れそうです。
でもザウルスの打ちやすさにちょっと未練があったり。

※よくよく調べてみると、本家の他に同じようなコピー商品がいくつもあるみたいです。
なので製品毎に若干の寸法違いもあると思われます。
もっとも、この記事はipodtouchの装着の保障も推奨もいたしませんのであしからず。


おまけ
キーボードの充電は、付属のUSBケーブルで行うんですが、
充電が終わってケーブルを引き抜いたとき・・・

ぎゃあぁぁ。
USBコネクタの枠が外れた。って、それはどうよ。
まぁ、しっかり根元をおさえて引き抜きましょうって事か。
| 雑記 | 22:39 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
ju、樹、樹港(じゅこう・じゅこー)
共に同一人物
ライフスタイル:
 出来のいいフィギュアを見て、
 自分のガッカリさ加減に凹むこと



ABOUT
リンクフリー
つなぐも切るも捨てるもご自由に


 いわゆるweb拍手